Pets by Pets

すきなものいっぱい!

*

第3回 女性のためのクラシック音楽教養講座*日経ウーマノミクスプロジェクト

   

女性らしい動機

参加を決めた動機がなんとも女性らしい(?)です。
それは・・・

第3回 女性のためのクラシック音楽教養講座*日経ウーマノミクスプロジェクト

スイーツを食べながら、クラシックを生で聞けたらサイコーじゃん!
初心者的講座だから、ドキドキしなくてもよさそうだし。

2015年4月22日(水)19:00~「第3回 女性のためのクラシック音楽教養講座」に参加してきました。

ちょっと想像と違っていたけど・・・

第1回第2回に未参加の私は、スイーツ+クラシックで、行くまでにあれこれ妄想が炸裂。
テーブルについて、優雅にクラシック講座と生演奏を聞くシーンを想像していました(´ー`;)

実際には、広めの会議スペースに、机付のイスが並べられていました。
友達と一緒に行けば、スイーツ+生演奏の休憩時間に話もはずんだことでしょうけど、残念ながらお一人様で行ったので、隣の方に少し話しかけてみたけど、会話が弾む様子もなく、休憩時間はスイーツを一人でもそもそと食べたのでした。

でも!それでも、魅力あるセミナーでした!

第3回 女性のためのクラシック音楽教養講座*日経ウーマノミクスプロジェクト

前半*クラシック音楽の賢いオトクな聴き方

指揮者に注目してみよう!

ベートーヴェン交響曲第7番。
一部を取り出して、ベートーヴェンと同じドイツの指揮者、カラヤン(オーストリア)、イタリア、アメリカの指揮者で聴き比べ。

テンポが違う。
抑揚のつけ方が違う。
全体的なまとめ方が違う。

じゃあ自分はどれが好きかな?
→アメリカ(バーンスタインだったと思う)がいいなぁ~♪

司会の小松真理さんがそこで種明かし!
なんとすべての演奏は「ベルリンフィル」での演奏で、指揮者だけが違う・・・
指揮者の力をまざまざと感じる時間でした。

小松さんが教えてくれた「今、東京で会えるイケメン指揮者」として紹介して下さったのは、クシシュトフ・ウルバンスキ!

クシシュトフ・ウルバンスキ 東京交響楽団 首席客演指揮者就任

お仕事上、つながりのある東京交響楽団でビックリ!
ジョナサン・ノット氏よりもこちらを前面に出しては?と失礼ながら思ったり・・・
(彼が前面に出ているので、私、知らなかったし)

作曲者の出身地に注目してみよう

次は作曲者国別選手権!
ドイツ、フランス、ロシア、日本。それぞれの国で愛され続ける代表的なクラシックを聴いてみる。
あなたはどの国の音楽がお好き?

今まで作曲者で選ぶことはあっても、その人の国ってあまり深く考えなかったなぁ。
曲を聴くときに、その国のイメージと重ねると、さらに深く聴くことができる。

私はやっぱりロシア♪
ロシア人気は私だけじゃなく、日本でとても高いらしい。
チャイコフスキーに代表される壮麗な音楽。
ドイツ曲も重さが似ている部分はあるけれども、何か違う。

「国」で聴いてみるのも面白いな!
ヤナーチェクをもう少し聴いてみたいと思うので、スメタナやドボルザークと合わせて聴くのもいいかも。
また、作られた時代背景に注目してみると、さらにその曲の理解が広がるだろうな。

【4/22 音楽教養講座レポ】|劇団東京イボンヌ

大人のチーズケーキ

休憩時間には、五洋食品さんのワインに合うチーズケーキを食べました。
ワインに合う、といっても、その場に用意されていたのは無糖紅茶でしたが、まま仕方ない。
食べながら「ほんとうに赤ワインがここにほしいなぁ~」と思う味。

第3回 女性のためのクラシック音楽教養講座*日経ウーマノミクスプロジェクト残念ながら店頭販売はなく、銀座ライオンや恵比寿ビヤホールでもうすぐメニュー入りだそうです。。。
家でゆっくり食べたい!と思わせられる味。
隠し味は黒胡椒!
黒胡椒は辛いというよりも、香りがよいのが特徴( ´▽`)ノ

後半*新生活はクラシックdeエクササイズ

後半は齋藤 久美子さんによるシーン別ぴったりクラシック♪

まずはグリーグのペールギュントより「朝」。
朝のお目覚めシーンにぴったりな曲。
これを聴きながら、胸式呼吸をしましょう!

今まで腹式呼吸は意識してしたことがあるけれども、胸式って!?
胸式呼吸とは、腹式呼吸と違って、お腹をふくらませず、胸(肋骨あたり)を膨らませる呼吸法。
これにより交換神経を活発にさせることができるので、呼吸から目覚めをスッキリと行うことができます!

胸式呼吸と腹式呼吸のしくみ|ボイトレマスター講座

通勤はカルメン序曲に合わせて♪
曲のテンポがちょうど良いそうですが、そういえばこの曲は運動会で演奏させられたような・・・
エクササイズはグー・チョキ・パーを曲に合わせて!
2カウントでグー→チョキ→パー→チョキ→グー(繰り返し)から始まり、1カウント、さらに1/2カウントで!!!

1/2カウントで超エキサイトしてしまいました(´ー`;)
エキサイトしてもできないものはできないっ!!
手のトレーニングだけではなく、脳トレとしても使えそうです。

その後もバッハのパロディ「小フーガハゲ短調」など衝撃的な曲紹介も!
カルメンの闘牛士の歌がいつも親子丼になってしまうので、それに続くことになるか!?

オペラ「ビゼー カルメン」*MET Live Viewing

いつも聴きたいものを手元にあるソースから取り出して聴いているけれども、実はこういうシーンに合った曲を自然と選んでいるのかもしれませんね。

コントラバス、コントラバス、コントラバス!!

第3回 女性のためのクラシック音楽教養講座*日経ウーマノミクスプロジェクト

とても楽しくてあっという間の1.5時間でしたが、私が一番萌えたのはコレ。
コントラバス。。。
でっかくて地味な弦楽器ですよ~(ごめんなさいm(_ _)m)

私自身が大人になったのか、低音系の魅力に気づき始めました。
昨年も幻想交響曲でコントラバスが5台並んでいたのに狂喜乱舞♪
ほぼコントラバスをじーっと見てました。。。

チェロもいいですが、コントラバスもいいです。
アヴェマリア独奏なんて、美しすぎてぞくぞくしました☆
普段、コントラバスだけを取り出して聴ける機会がないので、とても嬉しかったです。
本当に良い音でした♪

美しい音色の流れる時間をありがとうございました!
また機会があれば参加してみたいと思います。


 - event , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

大地の律動〜LFJ2016 熱狂のフィナーレ*LFJ2016
大地の律動〜LFJ2016 熱狂のフィナーレ*LFJ2016

大地の律動〜LFJ2016 熱狂のフィナーレ いよいよ最終プログラム。 3日間の …

大自然のパノラマ〜超名曲を極めつけの演奏で*LFJ2016
大自然のパノラマ〜超名曲を極めつけの演奏で*LFJ2016

大自然のパノラマ〜超名曲を極めつけの演奏で プログラムをよく見たら、「はげ山」の …

第11回聖学院メサイア演奏会*聖学院メサイア合唱団
第11回聖学院メサイア演奏会*聖学院メサイア合唱団

古い友人がチケットを送って、招待してくれました。 彼女が所属する合唱団の公演です …

no image
東京モーターショー2013

東京モーターショー2013に行ってきました(`・ω・´) 今回の会期は11/23 …

no image
幻想交響曲*ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポン2013

ずっと書こうと思っていたことを思い出しました。 GWに参加したイベント「ラ・フォ …

星奏学院祭4
星奏学院祭4*金色のコルダ ネオ・ロマンスフェスタ

初めての参加 昨晩、パシフィコ横浜で行われていた「星奏学院祭4」のライブビューイ …

no image
グリーン・デイ「アメリカン・イディオット」ミュージカル*american IDIOT

アメリカン・イディオットを昨晩見てきました☆私はグリーン・デイについて詳しいわけ …

四季をめぐる旅〜ライプツィヒの春・アンダルシアの夏の夜*LFJ2016
四季をめぐる旅〜ライプツィヒの春・アンダルシアの夏の夜*LFJ2016

 四季をめぐる旅〜ライプツィヒの春・アンダルシアの夏の夜 シューマン:交響曲第1 …

no image
どうぶつとの暮らしを考えるフォーラム2013

「第15回 どうぶつとの暮らしを考えるフォーラム2013」の市民プログラムに参加 …

no image
iPhone5s 32G ゴールド*docomo

やっときました(≧▽≦)ノ゙ 初代が発売されたのが2007年。 いつも新シリーズ …