Pets by Pets

すきなものいっぱい!

*

ホビット 決戦のゆくえ* The Hobbit: The Battle of the Five Armies

      2015/01/03

ホビット 決戦のゆくえ* The Hobbit: The Battle of the Five Armies

J・R・R・トールキンの名作小説を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章。ビルボ・バギンズ、トーリン・ オーケンシールドら旅の一行は、邪龍スマウグからドワーフの故郷を奪還することに成功するが、怒りに燃えるスマウグは町を襲う。スマウグから取り戻した財 宝に執着するトーリンは、友情や名誉も犠牲にしても財宝を守ろうとし、その行為をいさめようとするビルボは危険な選択をせねばならなくなる。そうした中、 魔法使いのガンダルフは、さらに恐るべき存在である冥王サウロンの復活に気付いていた。サウロンはオークの大群を放ち、その危機にドワーフやエルフ、人間 といった中つ国に生きる各種族は、わだかまりを捨てて団結するか、さもなくば滅びるか、究極の決断を迫られる。

元旦からホビット!

元旦から「ホビット 決戦のゆくえ」見てきました!

どして元旦?
それは映画の日だから(´ー`;)

この年末年始の中で一番安く映画が見れる日。
初回上映やレイトショーも安いらしいけど、ホビットは1日2回上映なので、それに当てはまる回がないのでした(´ー`;)

あっ、私が見るのは「2D字幕版」。
3Dは目が疲れるし、2Dでも十分その場に入り込める能力あるので!
俳優本人の声を聞くのもスキなので、吹き替えは見ません。

ホビット 決戦のゆくえ* The Hobbit: The Battle of the Five Armies

感想(ネタばれ)

タイトルからして「決戦」「Battle」という単語が入っていることに納得するくらい戦闘シーンが多かったです。
そのたびにぎゅぅ(誰も死なないで~!)となるので、疲れました。

冒頭はスマウグさんが乱舞するシーンから。
いきなり見ている方もぐぃっと半ば強引に[港町エスガロス]に引き込まれます。
あぁ、そうだった、前作でスマウグさんに襲われるって話だったなぁ~と。

バルドのかっこよさ(かなりイケメン(〃ω〃))の反面、最後の最後までアルフリドの狡猾さ対比が面白いです。
いやぁ、最後までちゃんとアルフリドはアルフリド!
ほんとに人間臭くてかわいい人です( ´艸`)
女装しておっぱい部分に金貨ジャラジャラとかサイコー!!
バルドはエルフ王スランドゥイルからも一目置かれ、トーリン・オーケンシールドとの交渉役にも選ばれるところにますます「かっこええ(〃ω〃)」
奥様がいないので、あの街では女性たちが放っておかないだろうなぁ~

オークのアゾグの賢さと強さには驚きました。
そうじゃなくちゃ映画が成り立たないのだけど(-∀-`; )
トーリンとの最後の決戦はすごかったです。

思い返しても、戦闘シーンしか浮かんできませんが・・・
やっぱり死に落ちはキライだなって、つくづく思いました。
主な登場人物の中で死んでしまうのは、トーリンとキーリ兄弟だけですが。

サウロンの再びの登場シーンや、白サルマンの善良だった頃を見て、次に続くLOTRのことを思い出してニヤニヤしちゃいました( ´艸`)

茶色のラダガストはキライじゃないけれども、動物は戦闘には巻き込まないで欲しい!というのは私見。
動物だって、闇の勢力側に世界が渡ってしまったら困るから、戦いに少しでも力を貸すことは必要!と思うかもしれませんが。
やはり小さきものがあっという間に死んでしまうのは泣けます。

奥方様ガラドリエルさまとガンダルフはいいカンジ~(w´ω`w)ノ
私はガラドリエルさまが好きなので、ガンダルフを助けに行ったシーンはとても好きな部分。
ガンダルフの差し出した手を振り払うシーンにもきゅんきゅんきました!
それでこそエルフの中のエルフ、と思えるガラドリエルさま。

ホビットも3作目になると、次のLOTRとのつながりがかなり気になってきます。
エルフ王はどうなってしまったんだろう?とか、エレボールがLOTRにも出てきたギムリが大喜びした場所だっけ?とか。
ネットで調べてホッ。

エルフ王→そのまま特に変化なし。
エレボールはモリアとは違うけど、ドワーフ族の領土。
ホビット編の後は、トーリンに加勢したダイン2世があとを継ぎ王となる。

調べてたら、ガラドリエルさまには(映画には出てこないけど)伴侶がいて!とか新たな事実が分かってひょえええーとなりました。

LOTRでは女性たちがきゃーきゃー言うほどレゴラスに惹かれなかったのですが、今作みて、それでも憎いとか思わず、素直に助けるレゴラスにちょっとクラクラ・・・
私だったら、あそこまでして、それでも振り向かない、
相手が死んでも振り向かない、
そんな相手はキライになるか、無関心になるか、だと思います(-∀-`; )

ホビットシリーズを見ると、LOTRシリーズを再び見たくなります!

また、今の時代に映画化されたことは幸福だなぁと。
CGがここまで発達していなかったら、みんな着ぐるみでのキャラクターだったかと思うと(だから映画化されなかったんだろうけど)。
小説は未読ですが、小説のキャラクターたちが丁寧に色づけ・立体化されている映画版でよかった。
原作派の人は映画版を認めない作品が殆どですが、このホビット&LOTRシリーズはある程度納得されて、受け入れられている作品だと思います。

エンドロールで鉛筆書きのスケッチが沢山でてきます。
ああいうの書けたらなぁ~って本当に思いました。
ファンタジーならではの装飾物が沢山。
想像の産物かもしれないけれども、どれもうっとりしました。

しばらくファンタジーの世界に浸りたいので、映画を見るのは2月以降にしたいです(´ー`;)


 - movie , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
スター・トレック イントゥ・ダークネス*STAR TREK INTO DARKNESS

カンバーバッチ氏がかっこいい!ともてはやされていたので、 シャーロック好きな私は …

トランスフォーマー!
トランスフォーマー ロストエイジ*Transformers: Age of Extinction

トランスフォーマー ロストエイジ見てきました♪ 何やら意外に複雑な事情があって、 …

no image
気になる映画

この夏、見に行くことが決定している映画があります。 ワールド・ウォーZ 私、ブラ …

no image
グランド・イリュージョン*Now You See Me

ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウッディ・ハレルソン、メラニー・ロラ …

no image
ワールド・ウォーZ*World War Z

先週の日曜にやっと見たかった「ワールド・ウォーZ」みました!(≧▽≦)! 公開前 …

オペラ「ビゼー カルメン」*MET Live Viewing
オペラ「ビゼー カルメン」*MET Live Viewing

初オペラです! そろそろ1ヶ月がたとうとしていますが、昨年12月中旬に初オペラし …

no image
恋するリベラーチェ*BEHIND THE CANDELABRA

エルヴィス・プレスリーやエルトン・ジョン、マドンナやレディー・ガガの登場よりも前 …